2020年09月29日

キサゲ加工

ホームページで、MECの技能を紹介する動画をアップしています。
物つくりをする上では、色々な技能が必要とされていますが、
それらの中で、得意とする技能を記事で紹介しても、
どの様なレベルなのかを感じていただくのは
非常に難しいです。

それを動画で紹介すれば、それを見ていただくことにより、
それぞれの分野で活躍されている方々の目で、
見ていただくのが最も良い方法では、と考え、
ホームページ上で紹介することにしました。

今、アップしている作業は、キサゲ加工の作業動画で、
3つの動画をアップしています。

キサゲ加工の粗取り、中仕上げ、仕上の3種類をアップしていますので、
物つくりの工作機械、加工検討の参考にしていただければと
思います。
P1000317.jpg



posted by 職人 at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

日本の物つくり

コロナのせいで、日本、世界の経済成長が停止し、
生活の先行きへの不安感が増してきていますね。

そのための施策が色々と考えられ、コロナ対策と、
並行して実施されてきています。

しかしながら、我々のような技能をベースとした物つくり企業では
以前から同様の不安を抱えています。
日本の物つくりの強さは高度な技能によって作られた製品が
強みとして世界の市場でシェアをかせいでいました。

しかし、日本の生産を支える人口は年々減少傾向にあり、
特に技能をベースとする技能者が少なくなってきています。
そのため日本の製品の強みが以前に比べて小さくなってきているのでは
無いでしょうか。

もちろん、優れた理論、技術が必要ですがそこに高度な技能を持つ腕の
ある人材が求められるのではないでしょうか。
技能の高度化というのは、短期間で人が習得できるものではないと
思います。
日本ではそのような人を匠と言ってきたのですが・・・。

長い目で見て、技能向上を目指すことができる環境が必要ではないでしょうか。

限られた分野では、日本の匠の技に注目されているものもありますが、
物つくりの世界に広くそれが広がっていってほしいですね。



posted by 職人 at 17:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

近況

コロナウイルスの状況ですが、
日本全体では少し落ち着きを見せ始めていますね。

ただ、長野県は急に大勢の感染者が出てきていますね。
観光地であるがゆえに、県外を超えての人の移動が
影響しているということですかね。
或は、夏休み、盆休みで帰省の影響で感染者が
でてきたということでしょうか。

最近感じるのは、コロナの感染状況が長引いているため、
少し気のゆるみも出てきて、基本的な感染防止対策が、
おざなりになってきているような気がします。

完全に収束させるには、もう一度、気を引き締めて、
基本的な防止策を自分たちで実施しなければなりませんね。

早く、落ち着きを取り戻し、安心して移動できるような
環境がほしいですね。

我々のような物つくりを業務としている場合は、リモートで
業務をこなすことは困難ですしね。
一部の打合せ等はテレビ会議で行う方法もありますが、
どうしても現場でのやり取りが必要ですので、
移動や対話形式の業務の不安が伴い、躊躇します。

安心して、業務がこなせるような環境が早く来てほしいです。

にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村

posted by 職人 at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする