2020年06月30日

コロナ対策

コロナ災害が少し落ち着きを見せてきたかなと、思っていたけど、
収束に向かいませんね。東京では感染者が増えてきて、
まだまだ、不安がありますね。
我々のような中小企業では、早く収束して色々な事業分野が、
動き始めてくれないと、経営が耐えられなくなってしまいますね。

物つくり事業としては、現場で3蜜対応や手洗い、消毒等の対応策を
実施していますが、仕事が増えないと売り上げが向上しません。
テレビ等では、観光や夜の繁華街では、人も増えてきていることを
報道していますが、金属加工等の中小企業ではまだまだ、感じれらませんね。

そんな中で、中小企業、個人事業向けの支援策として、経済産業省の持続化支援金の
申請が始まっており、我々のような中小企業では最大200万円の支援をしてもらえるわけで、
非常にありがたいですね。
また、申請方法もオンラインで、割合簡単に処理出来できそうで助かります。

国会では、それを民間委託した方策にについて、問題追及して話題になっていますね。
支援を受ける身からすると、第一優先は、このような救済策がもっと早く、
緊急で実施することができる方法について指摘すべきではないでしょうかね。
そして運営をするうえでの費用は最低限で、支援を受けなければいけない当事者に
もっと手厚い支援ができるように仕組みを考えるべきですね。
限りある資源で最大の効果を上げるために。

まだコロナ災害は続きそうで、以前のような仕事のレベルは期待するのは厳しそうです。
今回のコロナの影響で倒産する企業も増えてきています。
さらなる支援策も期待したいですし、スピーディーな実施を期待します。


posted by 職人 at 11:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする