2017年07月01日

技能継承2

前回のブログで技能継承について投稿しました。
なぜ、技能の継承が難しいのか、考えてみています。
なかなか、これといった答えは見つかりません。
だから、技能と呼ばれるのかもしれませんね。

世の中の技術の進歩は、急激です。
何かの新しい技術が生まれると、それが、すごいスピードで
進化してゆきます。
しかも、技術継承という言葉はあまり使われません。
この点については、技術というものは、色々な形で、記録することができ、
それを見たり、勉強することで、理解することが可能で、それをベースに
次の進化を目指せます。
それに引き換え、技能というのはその技術を使いこなす能力という人間の
スキルレベルであり、反復訓練により、身についていくものであり、
全ての人が高いレベルの技能が習得できるという点で、難しいところがあります。

物つくりの世界でも同様で、ある技術の技能者を育てるためには、時間がかなり必要です。
ただし、物つくりの世界では、制作機械、工作機械の進歩により、ずば抜けた能力を
もつ技能者でなくても、要求する加工ができるようになってきています。
その点では、装置産業という流れになってきており、資金力のある製造メーカーが
大きなシェアを握る世界になってきています。

しかし、そんな中でも、ずば抜けた技能により、特殊な加工が可能となり、
オンリーワンの世界を作っている方も見受けられます。

このような明るい兆しも見えますが、技術を支える技能者を育てるのは時間がかかります。
企業は利益を追求しなければならず、技能者を育てる投資に費やす資源がの比率を下げざるを
得ない現状、技能習得に意欲を持つ人の減少、等々が技能継承の難しさの原因では
ないいでしょうか。

未来への投資という点では理解できても、目先に課題にどう対応するかができないと・・・。
こう言ったことを日々、考えながら、物つくりの一端を頑張っています。
n1.jpg
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村
posted by 職人 at 11:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

技能継承

この前、テレビで、技能継承という意味で、ツイッターの内容が話題になっていました。
西陣織の技能を、なんとか次の若い世代に継承してもらうと、ツイッターで、
呼びかけた話です。
日本の色々な分野での技能や技術の継承者がいなくて困っているのは、
同じなのですね。
ビジネスとしてうまくいっていれば、色々な方策が取れるのでしょうが、
難しい問題ですね。
技能研修所のような形で、技能を教えるビジネスとして考えれば、
教えることで、収入を得ることができます。
しかし、その技能を身に着けることにより、自分が将来、その技能によって、
より高い収入が得られることが見えていれば、この形でいいのでしょが・・・。

我々のような物つくりの世界も同じですね。
自動工作機械で、同品質のものが製造できる状況では、技能がどのように、
有効なのかが理解することが難しくなってきています。
どちらかというと、技能という、いわば職人の感覚が左右する世界より、
知恵や知識を使う世界の方が有望視されているようになってきているように
感じています。
品質レベルがある程度の水準で製造できれば、後は価格の問題で、
それを解決する方策に中心が行っているように思います。

しかし、物つくりの世界では、実用水準以上の品質で、作り続ける世界と
今までにない機能や性能を生み出す新製品の創出という世界があります。
その新製品・商品の創出の世界では、現状の物つくり技術・技能では対応できない
ことが多々あります。
そこを超えるためのplusアルファは、職人の世界のパワーではないでしょうか。
そのために、物つくりの世界を支える我々は、厳しい環境の中でも、
日々、技能継承、さらには向上を目指さねばならないのではないでしょうか。
n2.jpg

改めて、このようなことを考えさせられるテレビの内容でした。
にほんブログ村 企業ブログ 機械・電気通信機械(製造業)へ
にほんブログ村
posted by 職人 at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
元旦に秋宮に御参りに行って来ました。
天気も良く、暖かい日で最高でした。
43F82F47-61EF-47B5-A780-422BA7ACB6B4.jpg
今年一年、この天気のように、素晴らしい一年と
なりますように願って御参りしました。。
ものづくりの世界がさらに発展し、それを支える
日本の技術、技能が、さらに脚光を浴びる時が
来ることを願い、努力を続けてまいります。
よろしくお願い致します。
posted by 職人 at 11:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする